道用品の通信販売は「書遊」におまかせください。初心者から専門家まで幅広くご利用いただける日本一の品揃えでお待ちいたしております。
topbar
  トップ はじめてのお客様へ 会社案内 店長のひとりごと お問合せ
SYOYU-OnlineShop お知らせ! よくあるご質問 お客様ページにログイン
           
         

 
 
      商品のご購入/紙/紙の豆知識/紙のサイズを教えて  


   

納期  約7日を目安とさせていただきます。商品が揃う場合、可能な限り早く出荷致します。
送料  一律 500円(税込み)です。北海道・沖縄・離島は、実費をご負担いただきます。



紙のサイズを教えて。

画仙紙のサイズには、様々なサイズがあり、呼び方も様々です。
覚えることは大変かも知れませんが、掛軸や額をオーダーする
際に必ず必要になりますので、ぜひこのページの存在を覚えて
おいてください。

ここ一番で役立つ書遊NETのマメ知識です。


 紙の豆知識 紙のサイズを教えて。
 

      一般的な紙のサイズをご覧下さい。
 
■代表的な紙のサイズ ([ ]内は、別名です。)

   ・六尺画仙 [大画仙]・・・・・・・・約 96.0cm×180cm
   ・五尺画仙 [中画仙]・・・・・・・・約 84.0cm×150cm
   ・四尺画仙 [小画仙/全紙]・・・約 69.0cm×136cm
   ・聯落ち [全紙3/4]・・・・・・・・・約 53.0cm×136cm
   ・半切 [条 幅]・・・・・・・・・・・・・約 34.5cm×136cm
   ・八つ切り[全紙1/8]・・・・・・・・約 17.5cm× 68cm
         [半切タテ1/4]
   ・聯 [全紙タテ1/4]・・・・・・・・・・約 17.5cm×136cm

   ・半紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約 33.4cm×24.3cm
   ・半壊紙・・・・・・・・・・・・・・・・・約 36.5cm×24.5cm
   ・全壊紙・・・・・・・・・・・・・・・・・約 48.5cm×36.5cm

  ※上記のように様々な呼び方とサイズがありますが、
    最も基本となっているサイズは、四尺画仙です。
    別名を『全紙(ぜんし)』や『小画仙(しょうがせん)』や
    『四尺物(よんしゃくもの)』と呼んでいます。
    この全紙を縦半分にしたサイズを『半切(はんせつ)』
    や 『条幅(じょうふく)』と呼んでいます。


■混同されやすい画仙紙の寸法と呼び方

   『聯落ち(れんおち)』
      寸法は、53×136cm。
      全紙を3/4にカットしたサイズを指します。

     公募展などで使用される、53×228pの紙を同じ
      呼び方で呼ぶ場合もありますが、現在では『本当
      の聯落ち』を使用する頻度が減っていることから、
      『聯落ち』とは「紙の幅」を指していることが多くな
      っています。
      この場合、「聯落ち」≒「聯落ち幅」≒「53cm幅」と
      解釈する必要があることも少なくありません。
      つまり、長さの確認を必ず行うことが必要になり
      ます。

  『尺八屏(しゃくはっぺい)』
      中国規格のサイズです。
      実際のサイズは、53×234cm。
      日本規格のサイズは、53×228cm。
      約6cmの差があることになりますが、いずれも
      公募展用として広く使用されています。

  『2×8(にはち)』
     2尺×8尺(61×242cm)のことで、通常は公募展
      での額サイズを指します。
      2尺×8尺の額にマット部分を見せて作品を飾る
      場合は、53×228cm(1.75尺×7.5尺)の紙をお求
      めいただく必要がございます。
      また、額一杯に作品を収め、マット部分を見せず
      に飾る場合には、60×240cmの紙をお求めいた
      だく必要がございます。
      『2×6』も同様ですので、ご注意ください。


   紙の豆知識 カテゴリー
 
  お客様の疑問を3つに分類し、まとめてみました。

 
 
    紙カテゴリーに戻る
    トップページに戻る

   掲載商品の発送は、日本国内のみとさせていただきます。

 

 

ホーム プライバシーポリシー サイトマップ 店長のひとりごと 業者様専用 通信販売の法規に基づく表記
 Copyright(C)2005 Syoyu All Rights Reserved.